購入希望者が少ない場合

購入希望者が少ない場合

マンションの販売価格は査定価格を参考にして決まりますが、購入希望者が少ない場合、販売価格を見直す必要があります。
価格を下げるタイミングが遅いと売却までの時間が長引き、再度価格を下げることになり、印象が悪くなります。
そうなると、ますます売却が難しくなります。
価格を下げることにためらう場合は、住宅情報誌、新聞折込チラシ、ホームページなどの広告を参考にして、広告方法を見直すことで売れる可能性もあります。
整った設備、利便性、面積の広さなどの魅力がより伝わる内容に変えることで、購入希望者が増えるのです。
それでも買主が見つからない場合は、価格を下げる必要があります。
もう一つの方法として、不動産会社の買取サービスを利用する方法があります。
この方法だと、期間内に売れなかった物件を、約束の価格で買い取ってもらうことができます。